心に花を咲かせよう合唱団とは

心に花を咲かせよう合唱団

音楽を通じて東日本大震災の復興支援の力になりたいという想いを持つ都内の音大生を中心に、作曲家 上田真樹の呼び掛けで2011年12月に結成された。2012年に発売されたCD(指揮:山田和樹)は、ラジオや雑誌で取り上げられるなど大きな反響を呼んだ。
以後毎年、東北での復興コンサートや仮設住宅や災害公営住宅への訪問演奏を行なっている。
これまでに、第23回東日本合唱祭(主催:一ノ関市)や、みんなでつくる復興コンサート(主催:TBSラジオ・OTTAVA)等に招かれ出演。2012年から2017年まで、文部科学省 緊急スクールカウンセラー等派遣事業に採択され、福島・宮城・岩手の小学校、中学校、高等学校に、のべ100回を超えるワークショップを行った。

代表・指揮:福永 一博

東京藝術大学音楽学部卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。在学中にharmonia ensembleを立ち上げ、国内外のコンクールでグランプリを獲得、世界合唱シンポジウムに招待されるなど、同団を日本を代表するプロフェッショナルの室内合唱団に導く。現在同合唱団の音楽監督を務める他、全国各地で合唱講習会の講師、合唱コンクールの審査員を務める。2015年にはTBS金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」の合唱指導・監修を行った。
JCDA日本合唱指揮者協会実行委員。

© 2022 「心に花を咲かせよう」プロジェクト. All Rights Reserved.